蓄電池容量を利用しソーラーパネルで充電できます。


ホーム > よくある質問

よくある質問

Q:太陽光発電機からの12Vの電気はどこから入れることになるでしょうか? また、いったんAC→DCに変換するためのインバーター?を別途購入する必要があるでしょうか?

太陽光発電の電気は、チャージコントローラーを経由して鉛蓄電池に直接入れます。


ソーラーパネルから出力される電気は、直流ですのでAC→DCコンバーターは不要ですが、
鉛蓄電池が過充電にならないように、チャージコントローラーを間に入れる必要があります。



チャージコントローラーにつきましては、現在のところ弊社での販売は行っておりません。

Q:太陽光発電機から鉛蓄電池に蓄電する際、入力する電流の最低量はあるでしょうか。

電流の最低量は特に示しておりませんが、電圧は20V程度のパネルであることが必要です。

電流が小さければ、それだけ鉛蓄電池の充電にかかる時間が増えることになります。


10Wから100W程度の間の出力のソーラーパネルを推薦しています。

Q:太陽光発電の接続の事例などありましたら教えていただけるでしょうか。

別荘のオーナー様がソーラーパネルで鉛蓄電池を充電して、土日に電気を弊社UPSで取り出して利用しているという事例がございます。


その場合は、三つの鉛蓄電池を並列で接続して(弊社では並列接続はお勧めしておりません)、容量を200Ah程度として、40Wのソーラーパネルを利用して、 電気を使用しない時に鉛蓄電池を充電して利用しているという事例がございます。

別荘であり、電気を契約すると月々の費用が発生するため、明かりとパソコンのみ、 弊社UPSと鉛蓄電池で動かして、他に大容量の電気が必要であれば、発電機を回す、というイメージです。


別荘のように利用する間隔があいている場合には、 ソーラーパネルの収容能力が小さくても、次に来るまでの間に満充電されることになります。防災用であれば、ソーラーパネルの収容能力は高い方がよいと思います。ご参考にしてください。

お問い合わせ
リアルタイム個別Web相談窓口:あなたのホームーページの悩みを瞬時に解決

コンテンツリスト
節電・停電対策通販.com
(株式会社インテグリティ)
〒272-0023 千葉県市川市南八幡4-2-5
いちかわ情報プラザ203
TEL 047-393-4193(10:00~17:00)
お問い合わせ お気軽にご相談下さい 購入前に問い合わせてみる
FAXで注文する
▲ページトップへもどる