蓄電池UPSは他社の発電機から電源を取ることも可能でございます。


ホーム > よくある質問

よくある質問

Q:後、仮に負荷消費電力が「600W」とした場合、御社UPSの標準タイプで何分バックアップ可能でしょうか?

(600W/12V)×1.2=60Ah 1時間で60Ah必要ですから、後は、もたせたい時間数を60Ahにかければ、必要な鉛蓄電池の容量がでます。



それで二時間バックアップしたければ120Ah三時間であれば、180Ahぐらいが妥当であると思います。


なお、単体では200Ahぐらいの鉛蓄電池までが最高であると思います。


詳しくは鉛蓄電池のページに必要な鉛蓄電池の容量を求める計算式がございますので、ご覧ください。

Q:家庭用コンセントの代わりにホンダのエネポ(発電機)から電源を取ることは可能でしょか?

家庭用コンセントの代わりにホンダのエネポ(発電機)から電源を取ることも可能です。


ご使用方法のページに接続方法など載っていますので、参考になると思います。

Q:UPSを介して鉛蓄電池に充電する為の電源はソーラー発電からでは出来ないのでしょうか?

弊社商品をを介してソーラーパネルの電気を充電して使用することはできません。

入力電圧は100Vの商用電源に限定されるからです。



しかし、商品を接続した状態で、さらにソーラーパネルの電気の充電をコントロールする「チャージコントロー ラー」という部品を設置して、商品とチャージコントローラーの二系統を並列接続することにより、非常時にソーラーパネルで充電して、商品からそのソー ラーパネルで充電した電気を取り出して使用することは可能です。



平常時は、UPSの鉛蓄電池は常に満充電の状態をキープしますので、ソーラーパネルからの充電はできませんが、非常時にソーラーパネルと併用することで無停電電源装置としての機能強化をはかることができます。



わかりやすく言いますと、昼間ソーラーパネルから鉛蓄電池に充電して、無停電電源装置を通して、鉛蓄電池から電気を取り出すことができます。


これによって、電気に溜めて、電気を使うというサイクルができますので、緊急時に何日かサバイバルすること可能です。

お問い合わせ
リアルタイム個別Web相談窓口:あなたのホームーページの悩みを瞬時に解決

コンテンツリスト
節電・停電対策通販.com
(株式会社インテグリティ)
〒272-0023 千葉県市川市南八幡4-2-5
いちかわ情報プラザ203
TEL 047-393-4193(10:00~17:00)
お問い合わせ お気軽にご相談下さい 購入前に問い合わせてみる
FAXで注文する
▲ページトップへもどる