非常用蓄電池のコストメリットに関するご質問


ホーム > よくある質問

よくある質問

Q:業務用蓄電池を導入した場合のコストメリットを試算したいと考えています。
具体的にいくらコストダウンできるかなど、データ提供して頂くことはできますでしょうか?

まず、コストダウンについてですが、この製品は、鉛蓄電池に蓄電し、非常用などに、鉛蓄電池に溜めた電気を使うというものです。

従いまして、この商品を単独で使った場合の節電効果は、あまり見込めないと思われます。

ではどのように節電が可能かと申しますと、2つのケースが考えられます。

1.夜間に充電し、昼間に使う

一般に深夜の電力は、昼間よりも安いため、深夜のこの商品で鉛蓄電池に充電して、 昼間にこの商品から鉛蓄電池に溜まった電力を使うことで、コスト削減になります。

具体的な数値は、お客様の電力会社とのご契約によっても異なりますので、何とも言えませんが、
こちらの東京電力のホームページに料金をシュミレーションできるページがございます。

http://www.tepco.co.jp/life/custom/ratesimu/index-j.html

こちらを見ていただきますと、ご契約形態を変更することにより、電気代を安くすることも可能です。

2.太陽光発電との組み合わせで節電

昼間の太陽光発電により、この製品を使って鉛蓄電池を充電します。

鉛蓄電池に蓄電したものを、電気代がかかる夜間に使うことで、その時間帯の 料金がかかりません。
この使い方だと、メリットも大きいと思われます。

以上になります。

また、この製品は、非常用や停電時に鉛蓄電池に溜めて、ある程度の電気を使えるということが一番のメリットだと思います。

また野外でも使用可能ですから、外である程度の電気を使う場合は重宝致します。

お問い合わせ
リアルタイム個別Web相談窓口:あなたのホームーページの悩みを瞬時に解決

コンテンツリスト
節電・停電対策通販.com
(株式会社インテグリティ)
〒272-0023 千葉県市川市南八幡4-2-5
いちかわ情報プラザ203
TEL 047-393-4193(10:00~17:00)
お問い合わせ お気軽にご相談下さい 購入前に問い合わせてみる
FAXで注文する
▲ページトップへもどる